DeSCデータベースを用いたデータベース(DB)研究一覧と研究事例の紹介

はじめに

前回の記事(MID-NET ®(Medical Information Database Network)を用いたデータベース(DB)研究一覧と研究事例の紹介)では、MID-NETについてご紹介しました。
本記事ではDeSCデータベースの特徴(強み・限界)や研究実績についてご紹介します。
DB研究を実施する際は、DBの特徴やデータの限界だけでなく、DB研究を利用した先行研究の論文を参考にすることも有用ですので、是非ご参考にしてください。

DeSCデータベースの概要(特徴)

DeSCデータベースは、2020年にDeSCヘルスケア株式会社が新規に構築した商用DBです。DeSCデータベースには、国民健康保険、後期高齢者医療広域連合及び健康保険組合より提供されたレセプト情報・特定健診情報が含まれています。
DeSCデータベースの特徴(強み・限界)は以下の通りです。

  強み 限界
集団の特性
  • 保険組合由来のDB
    • 保険者種類別の有病率推計が可能1)
    • 医療機関を超えて追跡することが可能
    • 組合員の扶養家族の情報も捕捉可能2)
  • 母集団代表性に優れている1)
    • 国保、健保および後期高齢者のデータが全て含まれる1)
    • 小児から後期高齢者までの全年齢層をカバー1)
  • ヘルスケアエンターテインメントアプリ『kencom』により前向きのデータ収集が可能3)
  • 保険者が切り替わった場合について、保険者間のデータの結合ができない1)
  • 『kencom』アプリの登録者は健康保険組合の被保険者のみ3)
  • 電子カルテ、検査結果、オーダリングのデータは扱っていない4)
データの規模
  • DBに含まれる総人数は約1,110万人(2022年10月時点)5)
  • 『kencom』の登録者数は15万人(2022年3月時点)6)
  • 各種レセプト(医科、歯科、調剤、DPC+健康診断)、ライフログデータ、アンケートデータ等を集積7)
  • 『kencom』のデータ(前向きデータ)のサンプルサイズは小さい
データの質
  • データの集計処理のプロセスが確立されている8)
    • 保険者から受領した個人情報はクレンジングを施した上で匿名加工・品質チェックをし、二次利用の許諾後に全ての保険者でデータを結合する8)
  • 匿名加工環境と二次利用環境を分けて管理8)
  • 大半が手運用のプロセス(2022年7月時点)8)
  • 匿名加工後のデータ品質チェックを強化中(2022年7月時点)8)
  • DBの作成は毎月行っているが、保険者からのデータ提供頻度が異なるため、データの更新頻度は一律ではない4)
データの提供
  • データを無償提供する研究公募を実施7)
    • アカデミアによる学術研究が対象7)
 

DeSCデータベースを活用したDB研究一覧

  • 2023年9月14日時点(Pubmed検索+DeSC Healthcare, Inc.の公式ウェブサイトより収集)
    • National Library of Medicine’s PubMed using the following criteria: (“Japan”[Mesh] OR “Japan” OR “Japans”) AND (“DeSC database” OR “DeSC Healthcare” OR “DeSC Healthcare, Inc.”) NOT (36963659) NOT (37223825).
No. Title Authors Journal Year Research Theme Area of Disease Disease
1 Effects of an mHealth App (Kencom) With Integrated Functions for Healthy Lifestyles on Physical Activity Levels and Cardiovascular Risk Biomarkers: Observational Study of 12,602 Users Hamaya R, Fukuda H, Takebayashi M, et al. J Med Internet Res 2021 Effectiveness research Cardiovascular disease Cardiovascular disease, obesity, hypertension, dyslipidemia, diabetes mellitus
2 The impact of COVID-19 pandemic on the utilization of ambulatory care for patients with chronic neurological diseases in Japan: Evaluation of an administrative claims database Sato K, Mano T, Niimi Y, et al. Biosci Trends 2021 Real world treatment practice Neurological disease COVID-19, epilepsy, migraine, Parkinson’s disease, Alzheimer’s disease
3 Prevalence of Noncommunicable Diseases in Japan Using a Newly Developed Administrative Claims Database Covering Young, Middle-aged, and Elderly People Okada A, Yasunaga H. JMA J 2022

Patient survey

Others Noncommunicable diseases, diabetes mellitus, hypertension, ischemic heart disease, heart failure, cerebral infarction, stroke, gastric cancer, colorectal cancer, breast cancer, prostate cancer, cataract, depression, osteoporosis
4 Time-series analysis of blood pressure changes after the guideline update in 2019 and the coronavirus disease pandemic in 2020 using Japanese longitudinal data Satoh M, Murakami T, Obara T, Metoki H. Hypertens Res 2022 Patient survey Cardiovascular disease COVID-19, hypertension
5 A study to investigate the prevalence of headache disorders and migraine among people registered in a health insurance association in Japan Sakai F, Hirata K, Igarashi H, et al. J Headache Pain 2022 Patient survey Neurological disease Migraine
6 Association of Smartphone-Recorded Steps Over Years and Change in Cardiovascular Risk Factors Among Working-Age Adults Hamaya R, Mori M, Miyake K, Lee IM. J Am Heart Assoc 2022 Investigation of risk factors Cardiovascular disease Cardiovascular disease
7 Comparison of bleeding following gastrointestinal endoscopic biopsy in patients treated with and without direct oral anticoagulants Konish T, Ono S, Okada A, et al. Endosc Int Open 2023 Investigation of adverse events, side effects, and complications Digestive disease Complications following gastrointestinal endoscopic biopsy
8 Recent trends in anti-vascular endothelial growth factor intravitreal injections: a large claims database study in Japan Hashimoto Y, Okada A, Matsui H, et al. Jpn J Ophthalmol 2023 Real world treatment practice Eye disease Neovascular age-related macular degeneration, branch retinal vein occlusion, central retinal vein occlusion, diabetic macular edema
9 Association Between Early Surgery and Postoperative Opioid Use in Patients With Lumbar Disc Herniation: A Propensity Score-Matching Analysis Using an Administrative Claims Database in Japan Honda A, Iizuka Y, Tokue M, et al. Global Spine J 2023 Effectiveness research Musculoskeletal disease Lumbar disc herniation
10 Risk of post-extraction bleeding with direct oral anticoagulant compared with warfarin: Retrospective cohort study using large scale claims data in Japan Ono S, Ishimaru M, Yokota I, et al. Thromb Res 2023 Investigation of adverse events, side effects, and complications Others Post-extraction bleeding
11 Comparative effectiveness of long-acting injectable antipsychotics in patients with schizophrenia in Japan Okada Y, Inada K, Akazawa M. Schizophr Res 2023 Effectiveness research Mental illness Schizophrenia
12 Clinical characteristics, medication use, and impact of primary headache on daily activities: an observational study using linked online survey and medical claims data in Japan Hirata K, Sano H, Kondo H, et al. BMC Neurol 2023 Patient survey Neurological disease Headache disorders, migraine, tension-type headache, cluster headache
13 Postoperative adverse events and re-treatment among patients who have undergone laparoscopic and robotic sacrocolpopexy for pelvic organ prolapse in Japan Shigemi D, Okada A, Yasunaga H. Int J Gynaecol Obstet 2023 Investigation of adverse events, side effects, and complications Others Pelvic organ prolapse
14 The prevalence of end-of-life chemotherapy and targeted therapy in Japan, assessed using a health claims database Tsuchiya M, Obara T, Kikuchi M, Mano N. Cancer Chemother Pharmacol 2023 Real world treatment practice Cancer Cancer
15 Multimorbidity, Polypharmacy, Severe Hypoglycemia, and Glycemic Control in Patients Using Glucose-Lowering Drugs for Type 2 Diabetes: A Retrospective Cohort Study Using Health Insurance Claims in Japan Koto R, Nakajima A, Miwa T, Sugimoto K. Diabetes Ther 2023 Investigation of risk factors Endocrine/ Metabolic disease Type 2 diabetes
16 Practice patterns and costs of glaucoma treatment in Japan Fujita A, Hashimoto Y, Okada A, et al. Jpn J Ophthalmol 2023 Real world treatment practice Eye disease Glaucoma
17 Real-world prevalence, time of diagnosis, and co-occurrence patterns of birth defects in live-born infants, 2014-2020: A health administrative database study in Japan Ishikawa T, Kawame H, Mano N, Obara T. Birth Defects Res 2023 Patient survey Others Birth defects
18 The Relationship between Holter Electrocardiography and Atrial Fibrillation Diagnosis Using Real-World Data in Japan Irie S, Tada H. Int Heart J 2023 Real world treatment practice Cardiovascular disease Atrial fibrillation

DeSCデータベースを活用したDB研究の内訳と傾向

Pubmedに登録されているDeSCデータベースを活用したDB研究及び報告は2023年9月14日時点で18件です。
研究テーマや対象とする疾患領域の内訳は以下の通りです。

【研究テーマの内訳】

  • 患者実態調査                           5件
  • 治療実態調査                           5件
  • 有効性調査                            3件
  • 有害事象・副作用・合併症調査                   3件
  • リスク因子調査                          2件

【疾患領域の内訳】

  • 循環器疾患                             4件
  • 神経疾患                              3件
  • 眼疾患                               2件
  • 消化器疾患                             1件
  • がん                                1件
  • 精神疾患                              1件
  • 内分泌・代謝疾患                          1件
  • 筋骨格系疾患                            1件
  • その他                               4件

【傾向】

DeSCデータベースは、その悉皆性の高さから、患者実態や治療実態の把握を目的とした記述研究が多い傾向にあります。その理由として、DeSC データベースに国民健康保険や健康保険、後期高齢者医療広域連合のデータが全て含まれていることが挙げられます。小児から後期高齢者までの全年齢層のデータがカバーされていることは、DeSCデータベースの最大の強みと言えます。
また、上記保険者のデータだけでなく、ヘルスケアエンターテインメントアプリ『kencom』により収集したライフログデータも統合されており、レセプトだけでは分からない情報も収集可能です。
DeSCデータベースは構築後まだ間もないDBですが、上記内訳を見ても分かるように、比較的幅広い研究領域・疾患領域で利用されており、汎用性の高い医療情報DBと言えます。

最後に

本記事では、DeSCデータベースの特徴(強み・限界)、DB研究一覧、DeSC データベースを活用した研究の傾向についてご紹介しました。DB研究を実施する際は、過去研究の論文を参考にし、各DBがどのような研究目的に利用されているかを理解することが非常に有用です。DeSCデータベースの利用を検討される方に向けて、本記事が参考になると幸いです。
今後もRWD Naviを通じて、医療情報DBの特徴や各DBを利用した過去研究を紹介していきます。
本メディアを通じてリアルワールドデータの活用の取り組みを広げていきたいと考えていますので是非ご参考にしてください。
※DBに関するご相談も受け付けていますので、こちらよりお問い合わせください。

参考文献

  1. DeSCデータベースの概要と臨床疫学・薬剤疫学研究への活用
  2. メディカルアフェアーズにおけるデータベース研究の実態と在り方に関する報告書
  3. kencomとは | 健康保険組合向けサービス | DeSC Healthcare
  4. 日本で薬剤疫学研究に利用可能なデータベース(2023年8月時点)
  5. 診療現場の実態に即した医療ビッグデータ(NDB 等)を利活用できる人材育成促進に資するための研究
  6. DeSCデータベースについて ーデータ利活用事業のご紹介ー
  7. 研究公募 | DeSC Healthcare
  8. DeNAのヘルスケア事業を支えるデータサイエンスーAI時代に活きる数理統計とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました